YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

南昌山6合目まで(矢巾温泉から往復)

JUNさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:団塊の世代。高校のクラブの1年後輩のかみさんと結婚し、2人で山歩きを楽しんでいます。でも、最近は東京散歩とか、1人でスキーとか山歩きから遠ざかっているような。年とともに山も中級者から初心者に。プロフィールは、かみさんが描いた私の似顔絵です。生き写しです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1948
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

南昌山・太田薬師・箱ヶ森

2015/01/13(火) 04:51

 更新

南昌山6合目まで(矢巾温泉から往復)

公開

活動情報

活動時期

2015/01/12(月) 08:49

2015/01/12(月) 12:35

アクセス:367人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,515m / 累積標高下り 1,458m
活動時間3:46
活動距離8.70km
高低差472m

写真

動画

道具リスト

文章

平成25年8月の大雨で林道が大きく崩れて今も修復工事が続いている南昌山。入山禁止ということで平成25年6月の南昌山山開き以来登っていなかった南昌山、今年2回目の山行ということで、かみさんと途中まで歩いた。

8時過ぎに家を出発。矢巾温泉に駐車場があるが横着して幣懸(ぬさかけ)の滝の近くまで車を持っていった。一応ここまで除雪されている。ここでスノーシューを履いて9時登山開始、林道を歩く。5合目の峠まで、踏み跡は続いている。ありあちこちに工事中の機材、沢崩れで狭まった道、倒木、大雨で結局取り残された軽自動車が1台などもあるけれど歩くのに支障は無い。

曇っているが雲間に太陽の明かりそしてときどき小雪の天候。私たち夫婦のほかに、私たちを追い越していった男性が1人(頂上まで登っていったようだ)、下山のときに擦れ違った小学校低学年の兄妹を連れてツボ足で登ってきたご家族の二組に出会った。

5合目の峠でおにぎりとコーヒーで一休み。登れるところまで登ってみようと、スノーシューのまま、先行の男性の踏み跡をたどる。南昌山は5合目から急峻な登りになる。スノーシューではちょっときつい。なんとか6合目の標識のところまで登って11時過ぎ。ここで断念、下ることに。アイスバーンにはなっていないが、5合目から上は和かんじきかアイゼンで登ったほうが良さそうだ。

13時から矢巾温泉で汗を流し、家に帰って14時半。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン