YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

久住 敗退 2015.1.11

Kazuさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:福岡県北西部 海と山に囲まれた糸島市二丈在住。
    家の前が玄界灘、後ろが佐賀との県境に続く山々。
    自然豊かですが、その分環境は厳しいです。
    気は超若いのですが、体が重すぎて足がついて来なくなりました。
    もっぱらソロでソロリソロリゆっくり登ってます。 お手柔らかに。。。
    Facebookにも出没してます。 よろしければ友達リクエストお願いします。
    https://www.facebook.com/kazu.naguro
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1945
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/01/13(火) 00:35

 更新

久住 敗退 2015.1.11

公開

活動情報

活動時期

2015/01/11(日) 08:15

2015/01/11(日) 15:28

アクセス:302人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,624m / 累積標高下り 2,604m
活動時間7:13
活動距離11.34km
高低差437m

写真

動画

道具リスト

文章

3連休の中日に6人の仲間と久住・中岳を目指す。 
8時半に牧ノ戸をアイゼンを装着し出発。
途中までは青空もあったのですが、やがて完全に曇り。 
途中ですれ違ったKCPメンバー情報によると中岳では猛烈な風とのこと。
久住山との分岐を過ぎる辺りからはそれこそすごい風となり、御池へ降りる辺りでは吹き飛ばされそうになる。
それでも御池では氷盤上で遊ぶ人達が多数。
ヒップソリも風で流されている。
あまりの烈風に中岳の登頂はあきらめ、池の小屋でお昼にして帰ろうと思ったが、小屋内はすし詰めで店開きする勇気出ず、ここでUターン。
久住分かれの避難小屋も結構混み合っていたがなんとか場所を見つけてお昼に。 
我らがMrs.シェフの美味しい手料理をいただいたが、私の手(指先)は凍えて箸をうまく扱えずに参りました。
食後はメンバーによる美味しいコ-ヒーとデザート。
ご馳走様でした。 
帰り道は寒いものの無事3時半に牧の戸へ戻ることが出来ました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン