YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪の西穂高、荒天で断念・・

t-knightさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:低山(可也山から背振系が好き)から日本アルプス(剱・穂高・槍が好き)まで、春から雪山まで歩きます。アウトドアが好きだったので、テント泊やキャンプが好きです。ゆったりと北アルプスの奥を目指します。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/03/13(金) 11:57

 更新

雪の西穂高、荒天で断念・・

公開

活動情報

活動時期

2015/03/01(日) 09:40

2015/03/01(日) 14:00

アクセス:245人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間4:20
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

 登山日の天気は曇り・雪、低気圧が近づくので荒天予想。しかし九州からの交通予約は変更できず、歩ける範囲までと考え、登山口へ向かった。この日朝一番のロープウェイに乗った登山者は、神奈川からの単独若者と、3人の若者のグループのみで、あとは外国の観光客のみ。
 樹林帯の登り、雪道は下りの人(前日の西穂は天気が良く景色も見えたとのこと)もいて、トレースがあり風もなく問題はなかった。森林限界を超え西穂山荘に近づくにつれて風雪が強くなった。山荘に着くなり、下山を薦められた。ロープウェイの運行停止の可能性が高く、翌日にかけ風が強くなり登山は無理とのことであった。事実山荘の周りは既にトレースはなく、膝までの積雪であった。この時点で、私以外の登山者はすぐに下山した。
 どこまで行けるか、バラクラバにゴーグル、アイゼンにピッケル装備でとりあえず丸山へ向かった。尾根・稜線近くは風がひどく、立っておれない状況で、ホワイトアウトの状況となった。丸山の標識も見れない位置で、引き返すこととした。
 山荘へ戻ると、ロープウェイが止まったとのことであった。このまま泊まってもいいが、明日はさらに激しくなると言われたので、急遽下山することとした。西穂高口からは、お願いして、ロープウェイの従業員を運ぶ最終の便に乗せてもらった。
 【結論】雪山は何が起こるか分かりません。西穂では10日前も快晴の日に雪庇が崩れ、滑落・遭難しています、冷静な判断と過剰なほどの注意が必要です。
 それにしても、昨年は雪山目指した木曽駒ヶ岳も荒天のため、名古屋空港で引き返しました。九州から行くのは難しい。
 天候の判断が、一番重要でしょうか?さらに、晴れても山は風強く、雪崩もある。
 

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン