YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

楽園ベイベー!横倉山

ソーヤさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気づいたら
    ありゃ3年目(・∀・)

    あんなことやこんなこと。
    昨日の事のよーです。

    今年も手を変え、品を変え、
    YAMAP込みの山行、満喫いたします。

    みなさま
    あたまユルユルのおぢちゃんですが
    ヨロシクお願いいたしやす。
  • 活動エリア:高知, 愛媛, 徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:高知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

横倉山

2015/03/16(月) 17:31

 更新

楽園ベイベー!横倉山

公開

活動情報

活動時期

2015/03/14(土) 08:31

2015/03/14(土) 15:23

アクセス:1012人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 983m / 累積標高下り 982m
活動時間6:52
活動距離7.48km
高低差436m
カロリー3421kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ある日、松山の「くりきんさん」から登山のお誘いメッセージが入った。
週末に来高するとのこと、これはオモテナシするしかあるまい。
ということで早速しばてんさんに相談すると横倉山が良かろうということに。
他に見所はないかと越知町出身の「ごっくんさん」にメッセージすると、なんと自分も同行したいと言い出した!
ごっくんさん初登山!
こうなりゃ賑やかなほうが楽しいということで、ご無沙汰してる「Chiiさん」もお誘いして総勢5名での横倉ハイクと相成った。

■始まりは雨
我々の山行には珍しく小雨の降る中、いよいよ登山開始。
雨のためかクララは見あたらない。残念。
四国は出だしから急峻な山が多い。
横倉山はプラス階段なので、初登山のごっくんさんは少しキツそうだ。
登山道は石灰質の岩や落ち葉が多いので足下が滑りやすい。
ゆっくりとしたペースで登っていく。
かむと嶽の取り付きまでたどり着くと雨もあがり、眺望も開けてきた。
さすが晴れ男と晴れ女がいるパーティだね。
今日も楽しい山行になりそうだ。

■名所巡り
横倉山の三角点を過ぎると歴史と伝説に彩られた名所が次々と現れてくる。
数々の祠やアカガシの林、横倉宮や馬鹿試し。
くりきんさんは自分と同じく高い所が、あまり得意ではないとのこと。
石灰質の馬鹿試しは雨上がりで湿っていて危険なため今回は上から眺めるだけにした。
それでも楽しんでいただけたようだ。
Chiiさんの豊富な知識で案内しているほうも毎回違った発見があって楽しい!
前回同様、平家穴の前でランチをとり、安徳天皇陵墓参考地を案内する。
会話は途切れることく、同じものを見て、感動し共感する。
山の縁で今こうして年齢も出身も性別も違う人たちが楽しそうに過ごしている。
不思議な感じ。
ああ、たぶん自分はこういう山行に憧れていたんだな。
楽しいぞ。

■そして楽園へ
畝傍山眺望所で越知町の眺望を楽しんだあと、時間的に余裕があったので空池へ足をのばすことにした。
ごっくんさんは初めての登山とは思えないほど快調だ。
空池に近づくにつれて、苔が多くなってくる。
こうなると撮影に夢中になり、皆から遅れ気味なってしまう。
すると前から歓声があがる。
急いで追いつくと目の前には

岩という岩、倒木や木の根。
辺りの全てが緑のビロードに覆われていた。
苔の楽園。

もうテンションMAX!
初めての雪山にも匹敵する感動!
空池全体が窪地になっているため湿った空気が溜まりやすい上に陽当たりがいい。
その他、色んな条件が重なってこの緑の園ができあがったようだ。
素晴らしい!
ここでテン泊したいと強く思った。

■再会+ベイベー!
楽しい時は早く流れるもの。
後ろ髪を引かれるなんて生やさしいものじゃない思いを残して、下山することに。
本日最後の見所、杉原神社のご神木を案内して無事参道登山口に下山。
皆さん、満足していただけたようで良かった。
駐車場まで帰る途中、織田公園にさしかかると見覚えのある毛並みの猫が一匹。
クララじゃん!
相変わらず人なつっこく可愛いなあ!あ?
お腹、大きい?
なんと!クララちゃんご懐妊!
この感じだと4月頃に生まれそう。
花咲く頃にまた来なければならないようだ。

嬉しい再会のあとも話しは尽きることなく、温泉で山談義。
Chiiさん、くりきんさん、ごっくんさん、しばてんさん
素敵な山行ありがとう。

因みに、Chiiさんはくりきんさんの事を「くりきんとんさん」ごっくんさんは「いもきんさん」とそれぞれ天然で呼び間違えてたのはご愛敬(笑)

さあ、次登る山が楽しみだね!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン