YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

午前の部:高千穂峰(霧島岳)

あおさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:夫婦で登山にはまっています。山の上は、なんとも清々しいですね♪
    清々しさが楽しめるのは、額に汗して登ったおかげですね?
    長く、安全に、健康に登山を楽しみたいです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1954
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

霧島山・韓国岳・高千穂峰

2015/04/16(木) 20:26

 更新

午前の部:高千穂峰(霧島岳)

公開

活動情報

活動時期

2015/03/26(木) 07:17

2015/03/26(木) 10:32

アクセス:289人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,477m / 累積標高下り 1,469m
活動時間3:15
活動距離6.41km
高低差631m

写真

動画

道具リスト

文章

九州遠征2日目午前、高千穂峰です。
霧島ホテルで6時半に部屋に朝弁を届けてもらい、ちゃちゃっと済ませ早出です。

高千穂河原ビジターセンターに7時15分、お鉢の稜線の下がった処から🌅です。

元気に登ります🎵
お鉢までは、焼け砂と岩場の登山道です。砂に足を取られないように、岩場を選んで登ります。

お鉢は一方のみ通行可能です。
お鉢に落ちれば、あがってくるのは困難ですね。

お鉢沿い登山道はなだらかで、実に爽やかです。半周ぐるりと廻った後、やや下り高千穂宮の鳥居があります。
途中で桜島の噴煙があがるのが見えます。

鳥居を越すと、再び焼き砂と火山礫の登山道です。眺望はよいので、振り返りながら登ります。
先ほどの噴煙が、風に流され長くなったかと思うと、しばらくして噴煙があがります。火山は脈動してますね。

頂上では、ニニギノミコトの突き立てとされる剣を竜馬のように抜いてみたい誘惑にかられるも、臆病者は触ることもできません。もっとも柵で囲われていますが・・・

頂上で持参の菓子パンを食べた後、下山です。食事中は2人だけの貸切状態でした。
下山は足元に注意しながら、黙々と足を運びました。

昨日の開聞岳といい、今日の霧島といい、晴天なり♪

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン