YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大谷山(マキノ高原)とメタセコイヤ並木に春を感じる雪山

穂高 大陸系さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ハイキングクラブよもぎ所属、富山大学ワンゲル部経験。
    主に近畿の山中心。冬はBCスキー(テレマーク)を練習中。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

三国山(福井県・滋賀県)・乗鞍岳・赤坂山

2015/03/26(木) 21:54

 更新

大谷山(マキノ高原)とメタセコイヤ並木に春を感じる雪山

公開

活動情報

活動時期

2015/03/26(木) 08:48

2015/03/26(木) 15:13

アクセス:326人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,173m / 累積標高下り 4,220m
活動時間6:25
活動距離16.57km
高低差786m

写真

動画

道具リスト

文章

4月から忙しくなるため、平日に山に行けるのもこれが最後のようなので、もともとハイキングクラブよもぎで3月始めに予定していた大谷山に行きました。

花冷えで寒かった月~水曜、その間に琵琶湖の北ではちょっと雪が降ってるのを期待してほぼ始発にてマキノへ。

バスでマキノ高原へ入り、登山届けを出してスタート。スキー場を詰めて西山林道出合までは全く雪は無し。550mを越すと次第に残雪が多くなり、650m以上は新雪でトレースも消えていて、なかなか楽しい雪山になりました。

ただ、雪は柔らかく、このまま夏山状態で歩けるかと思いきや、寒風直下で北からの風とちょっと道が凍ってきたので防風とアイゼン着用。

寒風は驚くほどまったりと雪が残ってました。この時期のこの山域は初めての為、こんなに雪深いとは思いませんでした。
稜線なのに雪原。風はきついですが、琵琶湖も日本海も見れる、まさに「中央分水嶺」です。

大谷山まではゆったりした稜線をフリーに歩いて到着。トレース無し、雪の白と、空と琵琶湖の青、下界の緑のコントラストを独り占めです。

下山は石庭コース、自然林をうまく繋いでコースを引いてくれてますが、この時期雪道のトラバースがちょっときつくて尾根を登り返したりしながら進みます。

標高500m位まで雪が残り、あとは集落までの急坂。下りきると田んぼの縁にでます。
このあとマキノ高原名物、メタセコイヤ並木を見て、一路マキノ駅まで。

基本的にキックステップが出来れば怖いところはなく、ルート探しながら晴天の下楽しめました。今後雪は降りそうに無いのでこのルートは今週末が今シーズン最後の雪山らしい雪山かもしれません。

今週末は離島の予定、雪の山はこれにて終了です。多分。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン