YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

余沢-三頭山-三頭山避難小屋(一泊)-槇寄山-日原峠-生藤山-井戸

skさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

大岳山・御岳山・御前山

2015/04/23(木) 22:34

 更新
東京, 山梨

余沢-三頭山-三頭山避難小屋(一泊)-槇寄山-日原峠-生藤山-井戸

公開

活動情報

活動時期

2015/04/18(土) 11:23

2015/04/19(日) 13:31

アクセス:194人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間26時間8分
  • 活動距離活動距離27.22km
  • 高低差高低差1,124m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り3,482m / 3,634m
  • スタート11:23
  • 1時間49分
  • 向山13:12 - 13:20 (8分)
  • 17時間57分
  • 槇寄山07:17 - 07:21 (4分)
  • -
  • 西原峠07:21 - 07:23 (2分)
  • 57分
  • 笛吹峠08:20 - 08:24 (4分)
  • 14分
  • 丸山08:38 - 08:44 (6分)
  • 13分
  • 小棡峠08:57 - 09:27 (30分)
  • -
  • 土俵岳09:27 - 09:43 (16分)
  • 8分
  • 日原峠09:51 - 09:54 (3分)
  • 1時間12分
  • 浅間峠11:06 - 11:07 (1分)
  • 43分
  • 熊倉山11:50 - 11:55 (5分)
  • 26分
  • 三国峠12:21 - 12:36 (15分)
  • 55分
  • ゴール13:31
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

天気予報では、二日とも晴れの予報でしたが、一日目は意外と雲が多く薄曇りといった感じ。二日目は、雲で、昼ごろからたまにぱらぱらと雨が降ったりしました。
全コースを通して、よく整備されていて道標もあり危険な個所はありません。
ただし、今回通った鶴峠分岐→小焼山→三頭山/鶴峠分岐の分岐点までのルートは、獣道状態になっているため、よく整備された巻道を使用した方が無難です。どちらのルートも頭山/鶴峠分岐の分岐点の手前で合流することになります。
一日目は、暖かいものの尾根道に出ると風があり、長袖のTシャツだけでは寒さを感じたので、ウインドブレーカをはおって歩きました。手持ちの温度計で気温は10℃~12℃なので、風がなければ長袖のTシャツ1枚で歩ける暖かさでした。
宿泊予定の三頭山避難小屋は、超満員のため板の間に入りきれず、土間にも寝るグループがありました。
自分は、テントを持参していたので、早々に避難小屋泊りをあきらめテントを張り、一人の時間を楽しませていただきました。(金曜日だと、一人で宿泊ということもある避難小屋です。)
二日目は、早朝晴れ間があったものの、昼前には曇りになり、時々雨がぱらついたりしました。
気温は尾根道で10℃~15℃程度あり、長袖のTシャツ1枚で歩くことができました。
道は、よく整備されていて道標もあり踏み跡をトレースしていけば、迷うことはないと思います。
【コースタイム】
【一日目】[余沢]11:30 - 13:15[向山]13:20 - 14:10[鶴峠分岐]14:15 - 16:00[三頭山]16:10 - 16:20[三頭山避難小屋]
【二日目】[三頭山避難小屋】06:15 - 07:15[槇寄山]07:20 - 09:50[日原峠]09:50 - 10:30[浅間峠:昼食]11:05 - 12:30[生藤山]12:30 - 13:10[軍刀利神社]13:10 - 13:30[井戸バス停]

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン