YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

100キロ過ぎが過酷でした

プーちゃんさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:2015年1月よりウォーキングと登山に目覚めました。

    今は毎日田舎の道を歩いて自然の素晴らしさを感じています。時々低い山にも登って人生をエンジョイしております。

    無理せずマイペースで一歩一歩行きます。山登りの先輩の皆さんよろしくお願いします。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1953
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

糸島三都110キロウォーク

2015/04/20(月) 16:51

 更新

100キロ過ぎが過酷でした

公開

活動情報

活動時期

2015/04/18(土) 12:00

2015/04/19(日) 15:51

アクセス:303人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,811m / 累積標高下り 7,788m
活動時間27:51
活動距離126.35km
高低差251m

写真

動画

道具リスト

文章

地元糸島で行われる110キロウォーキング、昨年は申込みが遅れて参加者できませんでした。今年は息子と共に初参加。28時間以内にゴールしなくてはいけないのですが、結果は27時間40分10秒でなんとか完歩できました。

当初の目標タイムは24時間、ところが30キロ過ぎてできた肉刺で最後まで苦労することに、コース半ばの54.4キロのチェックポイントに着いた時には、雨にも降られてかなり足裏にダメージがありました。肉刺を潰し、雨で蒸れた靴下を履き替えこれからが本番だと心を奮い立たせて出発。

夜中に通過したチェックポイントや明け方の給水ポイントでは、休憩する時間が長くなり速度も足の痛みでかなり落ちました。目標タイムは無理なので完走することに目標を変えゆっくり歩くことにして、それでも100キロの最後の給水ポイントまでは余裕がありました。

残り10キロの道のりは時間と痛みとの勝負、「なんで110キロなの10キロいらないんじゃない」とか「この道なんでこんなに舗道が広いんだ、スタートからの道は狭くてまともに歩けなかったのに」など怒りをぶつけながら歩きでした。足裏最悪!

雨にも負けず歩き続けた110キロ、時間内に完走できました。
一緒に歩いてくれた息子に感謝です。彼の協力がなければ私一人では完走は無理だったと思います。

最後に家に帰ってシューズを脱ぐと足の裏が肉刺と水ぶくれで予想以上に凄いことになってました。写真を撮ろかと思いましたがグロテスクなのでやめました。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン