YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

棒ノ嶺、岩茸石山

せのさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:妻と息子が山の日生まれ。子供が歩けそうな山にはファミリーで登る二児(6歳と1歳)の父。栃木県宇都宮に生まれ幼少期から親父の山行、ハイキングで野山に親しむ。
    高校生からは音楽に目覚め、めっきりインドア派となり、親父のお誘いは適当にスルー。大学生、社会人になってからは年に2、3回、帰省するタイミングでお供する程度だったが子供が生まれピクニックやバーベキュー、キャンプ、ハイキングなどの外遊びを通じて、再び自然の美しさと厳しさに惹かれるている。

    山用テントも準備したところで、さてどこをどう歩こうか。ピークに拘らずお気に入りのトレイルを見つけたい。
  • 活動エリア:東京, 埼玉, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:栃木
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

棒ノ折山

2016/12/03(土) 01:05

 更新

棒ノ嶺、岩茸石山

公開

活動情報

活動時期

2015/04/25(土) 08:25

2015/04/25(土) 14:43

アクセス:188人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,178m / 累積標高下り 1,254m
活動時間6:18
活動距離12.29km
高低差737m

写真

動画

道具リスト

文章

山歩きしてみたいという友人(パパ友)を山へお連れする。釣りもすればマラソン、キャンプなどアクティブなスポーツマン。初回は近場の棒ノ嶺。
マラソンで足腰は自分よりも強そうなので、棒ノ嶺、黒山、岩茸石山から御岳駅へのルートを計画。
午後からの天気に不安があるが、アウトドアの趣味にはつきもの。

沢筋の若葉の美しい緑を写真に収めながら、小鳥の声と水のせせらぎに囲まれてゆっくりペースで歩く。
ゴルジュ帯を超えて一服。
白谷沢の小廊下の散歩を楽しんだ。水量も多くはなく危険はなかった。

林道に出て、脇のベンチで一服入れゴンジリ峠まで一気に登る。
五歳の男の子が頑張って登っていた。

棒ノ嶺のベンチで小休止。周囲の山のシルエットを眺めながら、おむすびと卵スープ、一口黒糖ドーナツなど。
あの桜はあと一週間早く来ていれば満開だったのか?今月初旬の雪で少し弱った?
さて出発するか、のタイミングで雨が落ちてくる。
岩茸石山への道中、雨は降ったり止んだりの繰り返し。薄暗い森の中、所々にツツジ?のピンクが浮かび上がる。足元にはスミレが花が生い茂っていた。

岩茸石山に着くと雨粒のほか雹が落ちてきた。山頂はお昼の時間と重なり、多くのハイカーが慌て支度で下山していった。空を見渡すと、黒い雲から薄雲、少しの晴れ間が混在している模様。ゴロゴロと雷鳴も聞こえる。
しばらく待機していると雨・雹が止んだ。
急いでお湯を沸かしコーヒーとランチパック。友人はカップヌードルをうまい!と言って食べていた。食べ終え、急いで片付け。するとまた雨が落ちてきた。
惣岳山から御岳駅に降りる。
もう雨は止んでいた。

8:25白谷橋登山口
10:58ゴンジリ峠
10:10棒ノ嶺10:45
11:08黒山
12:25岩茸石山13:00
13:27惣岳山
14:30御岳駅

友人が山仲間になってくれたら嬉しい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン