YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

蛾ケ岳(標高1,279m 山梨県)

tanさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:登山中の時だけは、いつもダイエットを考えています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1949
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

甲府市

2015/05/03(日) 09:51

 更新

蛾ケ岳(標高1,279m 山梨県)

公開

活動情報

活動時期

2015/04/29(水) 09:57

2015/04/29(水) 14:01

アクセス:237人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 737m / 累積標高下り 750m
活動時間4:04
活動距離6.50km
高低差423m

写真

動画

道具リスト

文章

今回の登山は、元職場で頑張っている仲間のストレス解消をかねて計画しました。
○蛾ケ岳(ひるがたけ)
甲府市街から南を望むと、盆地の河川の唯一捌け先となる鰍沢の山あいから東に立ち上がる峰がやがて台形のピークになる。これが蛾ケ岳(ひるがたけ)です。
蛾ガ岳とも書きますが、蛾ケ岳の呼び名に統一したのは陸地測量部だという。
古くは、武田信玄の館(現在の武田神社)から見て、正午にこの山の真上に太陽が来るので「昼ガ岳」と呼んだのが始まりとか。その後に山ヒルの「蛭」を経て「蛾」になったようである。
山梨日日新聞社刊の「山梨百名山」によれば、「蛾」は美人形容の蛾眉からきており、虫偏で蚕(かいこ)ガの触角のような細いまゆ毛が語源だという。「蛾眉」は、中国四川省の美人四姉妹の民話からまゆの美しい女性を形容。地元ではこの山を蛾眉山と呼ぶ人もいて、地元の高校校歌は「蛾眉の山そそりたてるを・・」で始まるそうだ。

この山に登るには、本来は北側の麓にある碑林公園から登る約4時間コースが正式?ですが、今回は初心者もいるので、四尾連湖というカルデラ湖の湖畔まで車で行き、ここから登る約90分のハイキングコースを歩きました。尾根と尾根をつなぐ、一見、人造ではないかと思わせる細い尾根道を経て西肩峠からの胸を突く急な登りを楽しめます。
山頂付近では、ミツバツツジが咲いており綺麗でした。ファミリー登山が楽しめる山です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン