YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雁坂峠入口~雁坂峠(泊)~笠取山~将監小屋(泊)~飛龍山~雲取山~奥多摩小屋(泊)~鷹ノ巣山~峰谷~峰谷橋

skさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波

2015/05/04(月) 10:54

 更新

雁坂峠入口~雁坂峠(泊)~笠取山~将監小屋(泊)~飛龍山~雲取山~奥多摩小屋(泊)~鷹ノ巣山~峰谷~峰谷橋

公開

活動情報

活動時期

2015/04/29(水) 09:36

2015/05/02(土) 12:15

アクセス:816人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,851m / 累積標高下り 8,385m
活動時間74:39
活動距離60.02km
高低差1,639m

写真

動画

道具リスト

文章

三泊四日テント泊(4/29~5/2)の山行。四日間とも天気に恵まれ、楽しい山行となりました。
全コースを通して、よく整備されていて道標もあり危険な個所はありません。
ただ、所々 道幅が狭くなっていたり、ザレ場になっているところがあるので注意が必要です。
今回のコースでのおすすめポイントは、以下の4か所になります。
 ①古礼山からの南アルプス方面の展望
 ②笠取山からの西側方面の展望
 ③西御殿岩からの360度の展望
 ④ハゲ岩からの西、南、東側の展望
[一日目:4/29 晴れ時々曇り]
雁坂峠入口(道の駅みとみの手前約20m(塩山寄り))より出発。
出発してしばらくは、林道を進んでいきます。林道終点の沓切沢橋より登山道に入ります。
しばらくは、気持ちのいい歩きやすい道が続き、何度か沢を横切ります。
井戸ノ沢で沢を横切ったあとから、ジグザクに折り返しながら雁坂峠まで急登がつづきます。
雁坂小屋は、峠から一下りします。北斜面の日陰の道になり、所々雪がのこっていましたが、アイゼンなしで下ることができました。テント場は、二張でした。
[二日目:4/30 晴れ]
朝方は、水晶山の方に雲がかかっている状態でしたが、気温が上がるにつれ雲もなくなり、楽しい山行となりました。古礼山までは林の中の登山道となり展望はあまりありません。
古礼山頂上では、南アルプス方面に展望がありますが、山頂より数十メートル笠取山方面に進んだところに広々とした笹原となっていて、ベンチもあり、南アルプス方面の展望もあり休憩にもってこいの場所になります。
古礼札から雁峠までは、林の中を進みますが、雁峠手前で笠取山と広々とした笹原の景色が広がります。
ここから、笠取山の急登が見えるのですが、この急登を見ると、かなりグッと胸に迫るものを感じます。
笠取山の頂上は、急登を登りきった所から10分程度進んだところになりまます。
笠取山から唐松尾山までは、尾根道を淡々と歩き続けます。途中目標となるポイントがなく、それなりのアップダウンがあるので、距離の長さをを感じてしまいます。
唐松尾山から将監小屋まで、徐々に高度を下げていく道になります。途中岩が多い個所や、土砂崩れでザレている箇所がありますが、注意して歩けば、支障はないと思います。
途中、西御殿岩への分岐がありますが、道標も小さく注意していないと見落としてしまうような分岐になります。
[三日目:5/ 1 晴れ]
将監小屋から飛龍山へのトラバース道にでるまで、急坂をのぼっといきます。
トラバース道は、展望はありませんが、よく整備されていて非常に歩きやすい道になります。
飛龍権現から飛龍山山頂までは、シャクナゲが生い茂る林の中の道で、枝がおおくかなり歩きにくいコースになります。
山頂からは、飛龍権現に戻らず、そのまま東に向かい(踏み跡を見失わないようトレースする)雲取山へのトラバース道に出ます。飛龍山から、三条ダルミはでは、歩きやすいトラバース道です。
三条ダルミから雲取山山頂まで急登で、本日最後の上り。ここまでの疲れがたまっているので、結構キツイ登りとなりました。雲取山から奥多摩小屋までは、淡々と下ります。
[四日目:5/ 2 晴れ]
流石に四日目になると、歩き飽きた感じが出てきました。
そこで七つ石山~鷹ノ巣避難小屋までは、時間短縮の為、巻道を利用しました。
道は、整備されていて道標もあり、危険な場所や、間違いやすい分岐点はありません。
鷹ノ巣避難小屋から峰谷までは、ひたすら下ります。
峰谷から峰谷橋までは、アスファルトの道になり、疲れた足に地面の固さが、辛い状況になりました。
ようやく峰谷橋まで歩き終えたときバス停を見ると、奥多摩駅行のバスが到着するところで、重いリュックを背負ったまままバス停まで走って、何とか乗り込むことができました。

【コースタイム】
【一日目】[雁坂峠入口]09:50 - 11:00[沓切沢橋]11:20 - 14:10[鶴峠分岐]14:25 - 14:34[雁坂小屋]
【二日目】[雁坂小屋]06:45 - 07:05[雁坂峠:尾根合流]07:05 - 08:10[古礼山]08:20 - 09:25[雁峠]09:35 - 09:45[雁峠分岐]09:45 - 10:15[笠取山]11:00 - 11:40[水干]11:45 → 13:50[唐松尾根]14:05 - 14:50[西御殿岩]15:10 - 16:00[将監峠]16:00 - 16:05[将監小屋]
【三日目】[将監小屋]06:40 - 09:20[ハゲ岩]09:40 - 10:10[飛龍山]10:20 - 10:50[北天ノタル]11:25 - 13:15[三条ダルミ]13:30 - 14:25[雲取山]14:45 - 14:55[小雲取]14:55 - 15:10[奥多摩小屋]
【四日目】[奥多摩小屋]06:40 - 07:20[七つ石山]07:20 - 08:30[鷹ノ巣避難小屋]08:45 - 09:05[鷹ノ巣山]09:15 - 09:30[鷹ノ巣避難小屋]09:35 - 11:30[峰谷バス停]11:40 - 12:10[峰谷橋]

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン