YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

襟を正して!三嶺〜白髪山縦走

しばてんさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.366
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:尾根フェチ、岩フェチの山愛派。
  • ユーザーID:31172
    性別:男性
    生まれ年:1961
    活動エリア:高知, 愛媛, 徳島
    出身地:高知
    経験年数:5年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他

三嶺

2015/05/08(金) 12:08

 更新
徳島, 高知

襟を正して!三嶺〜白髪山縦走

活動情報

活動時期

2015/05/05(火) 06:13

2015/05/05(火) 14:52

ブックマークに追加

アクセス

634人

文章

山嶺は今回も、最高の天気で迎えてくれました。

昨年、三嶺より前に白髪山に登った際、
地獄の木段がトラウマになってしまった我々は、
検討の末、行きは別登山口から登る事に。
ただ、結果半端ない急登のスタートを切ることにはなったけれど、
あの地獄よりはマシでした。

ソーヤ氏は今回、撮影・休憩をできるだけ抑えて、
コースタイムを見てみたいとの事。
何だかいつになくストイックなソーヤ氏。
かくいう私も、タイム記録を取るメモの準備もしてきてました。
記録は以下の通り。

白髪山登山口:6:15 〜車道〜 白髪避難小屋登山口:6:40 〜
白髪避難小屋:7:43 〜 三嶺・白髪山分岐:7:52 休憩 8:00 〜
カヤハゲ:8:35 休憩 8:40 〜 三嶺頂上:9:45 休憩 10:00 〜
三嶺ヒュッテ:10:15 昼食 11:15 〜 三嶺山頂:11:34 〜
カヤハゲ:12:30 〜 三嶺・白髪山分岐:13:14 〜
白髪山山頂:14:00 〜 白髪山登山口:14:50

途中、細かい休憩も挟んでなので、
ほぼコースタイム通りのスピード。
50半ばの右ヒザに障害を抱えた自分にはこれがほぼ限界体力。
ソーヤはかつて自転車で鍛えた覚えがあるので、
ソロでなら、まだまだタイム短縮が可能でしょう。

三嶺が見え隠れするコースを、
何度も繰り返される長い急坂のアップダウン。
いい訓練になりました。
雲一つない抜けるような心地よい青空が、
テンションを上げてくれていたのが助けになりました。

昨年の初三嶺に続いての2度目ですが、
見渡す限りの笹に囲まれた伸びやかな稜線は、
縦走への憧れを奮い立たせてくれます。
二人にとって、登山の素晴らしさを教えてくれる
優しい父のような山です。

iPhoneのバッテリーが白髪山手前で怪しくなってしまったので、
GPS記録優先で写真をあきらめることに。
なので、帰りは撮影記録は大幅ダイジェスト。
次回から予備バッテリーを確保することにします。

2度目に登る山には、昨年から始めた二人の思い出を辿る山行にもなります。
色んな想いを噛み締めながら、新しい発見を見つめながら、
それを糧としてステップアップして、まだ見ぬ高みへと登って行きたい。
あらためてそう決心させてくれる、今回の山行でした。

帰りはやはり、木段障害物地獄ウンザリ。
あれだけは何とかしてほしい。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間39分
  • 活動距離活動距離11.18km
  • 高低差高低差512m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,186m / 1,182m
  • スタート06:13
  • 3時間26分
  • 三嶺09:39 - 10:02 (23分)
  • 1時間27分
  • 三嶺11:29 - 11:45 (16分)
  • 2時間13分
  • 白髪山13:58 - 14:20 (22分)
  • 32分
  • ゴール14:52
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン