YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

マイナールートで烏帽子岳(上信越高原国立公園)

HiraKoiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:もともと長野県内で日帰り登山をしていましたが、2016年10月にアメリカのノースカロライナ州に転居しました。。登山を通して多くの皆さんと知り合いになれればいいなと思っています。
  • 活動エリア:長野, 山梨, 北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:長野
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

浅間山・篭ノ登山・湯ノ丸山

2016/04/28(木) 10:23

 更新

マイナールートで烏帽子岳(上信越高原国立公園)

公開

活動情報

活動時期

2015/05/09(土) 08:02

2015/05/09(土) 14:27

アクセス:280人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,087m / 累積標高下り 1,105m
活動時間6:25
活動距離13.30km
高低差1,044m
カロリー3123kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 登山仲間と東御市から烏帽子岳に上ってきました。
 メインルートは地蔵峠(1,732m)から湯の丸山を経由するルートですが、今回は東御市の足沢水分神社の近くにあるエコロピアの森というキャンプ場(1,060m)から出発しました。標高1200mまではよく整備された林道を進み、そこで真田方面(本原、荒井)との登山道(山と高原地図で赤線になっている)と合流しました。当日はあいにくの曇り空でしたが、ほとんど雨に遭うこともなく登ることができました。標高1,750mあたりまでは登山道と林道が何度も交差しており、気分に合わせて登山道を進んだり、林道を歩いたりしました。烏帽子岳直下の急登はガレ場でやや歩きにくかったですが、残雪もなく危険な箇所はありませんでした。頂上からは、四阿山・根子岳、湯の丸山、浅間山が間近で見ることができ、八ヶ岳、美ヶ原も普通に見えました。また、北アルプスもぼんやりと一部は確認できました。
 天気もあまり良くなかったため、湯の丸山までは足を延ばしませんでしたが、午前6時、7時に出発していれば問題なく湯の丸山まで行くことが出来たと思います。登山者が少ないルートのため一人では不安になるかもしれませんが、登山道はよく整備されており、気軽に登れるお勧めの山だと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン