YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

中摩殿畑山から英彦山を望む。

tetsu さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:釣りを20年来の趣味としていたのに、チョッとしたきっかけで山の素晴らしさを知る。もっと早くに出会えてれば良かったのに❗️悔しくてならない。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

英彦山

2015/05/10(日) 18:20

 更新

中摩殿畑山から英彦山を望む。

公開

活動情報

活動時期

2015/05/10(日) 08:06

2015/05/10(日) 11:59

アクセス:324人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 679m / 累積標高下り 674m
活動時間3:53
活動距離6.18km
高低差525m

写真

動画

道具リスト

文章

朝から絶好の日和、GW中は近場の山ばかりだったので、中津の中摩殿畑山(なかまどんのはたやま・・・この地域の豪族である中摩殿の畑があった山)に登って英彦山を大分方向から眺めてみようと企んだ。自宅を6時に出発、8時に登山者駐車場着。最初からコンクリート道の連続で、厄介な登りだなと思いつつも足を進める。35分間はひたすら高度を稼ぐ登りで汗が吹き出た。下の林道出合からは山登りの様相に変わり、ブナの自然林の中、登りが延々と続く。30分程度で上の林道出合に到着し左手から少し行くと最後の取付きがあって、そこからは20分程度で山頂に辿り着いた。山頂は斜めに傾いた石仏が鎮座、真北方向に目的の英彦山が勇姿を見せて絶景。パノラマで英彦山、鷹ノ巣山、経読岳、犬ガ岳が一望出来た。正に、登った甲斐があったというものだ。持参してたニコンの望遠鏡を覗くと、英彦山中宮のお社がくっきりと見える。多分、向こうからもコッチを眺めているんだろうなと思ったりしながらゆっくりとコーヒーとタバコを一服。至福の時間だ。下りはチョイチョイと降りて、12時に駐車場到着。この間、誰一人ともお会いせず、中摩殿畑山の独り占めとなったが、やっぱそこそこ登山者とすれ違わないと不安だし、少々気味も悪いなあと感じる。それって、人気の無い山だからなのか、知られてないからなのかはわからないが、本日の感想で言えば山頂からの景色だけでも登る価値有りだと思う。帰りは途中の羽高の棚田を見て(日本棚田100選)、やすらぎの郷やまくにの温泉に入って帰路に着く。この温泉、日曜のお昼時なのに、利用者はほとんど居なくて、ほぼ独占状態で気持ち良い事、この上なし。穴場だな、次も寄る事にしょうと心に決めた。そんなこんなで楽しい日曜の登山が堪能できた事に感謝でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン