YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北山(嘉助道から七渕神社へ、平家落人伝説の怪)

みっくんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ピークハントにこだわらない登山スタイルをしています。
    気が向いた時に四国の山へ行き、単独行を楽しんでいます。
    一旦休みがちになっていた活動記録も、再びアップしていこうと思っています。

    【H28.9.9 プロフィール変更】
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

高知市

2015/12/15(火) 13:04

 更新

北山(嘉助道から七渕神社へ、平家落人伝説の怪)

公開

活動情報

活動時期

2015/05/13(水) 14:25

2015/05/13(水) 17:21

アクセス:426人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,223m / 累積標高下り 1,275m
活動時間2:56
活動距離8.18km
高低差359m

写真

動画

道具リスト

文章

◇北山と嘉助道
 高知市北側に見える尾根山で、標高差は400m。
 もともとは土佐山地区との生活道で、七渕神社への参拝道にもなっている。
 昔は七渕神社の大祭の時、参拝者が2000人往来していたとかで、参拝道沿いに屋台が出ていたらしい。
 山道は、踏み慣らされていて歩きやすく、高知市近郊とは思えない感じがする。
 現在は、高知市民のハイキングコースとなっている。
 途中2カ所、誰が設置したか、水車が置かれており、親切に水を飲むコップも引っ掛けてある。
 ちょうど、水分を補給したい所にあるため、とてもありがたい。
 ハイキングコースの途中に『峠の茶屋』という一休憩する茶屋があったが、今は店を閉めている。
 この店から高知市内の景色は素晴らしい。

◇七渕神社
 商売繁盛の神様を祀る神社で、文字どうり、七つの渕が神社の奥にある。
 平家の落人が暮していて、鳥の羽ばたく音を源氏の鏑矢と勘違いした平家の女人が、この渕に身投げしたとの言い伝えが残っている。
 現在、一昨年の大雨被害の復旧工事中で、仮社務所が建てられている。

≪山で出会った方コーナー≫
〇50~60代の夫婦
 嘉助道の登り口付近で出会う。
 季節がら、どうも夫婦で山菜のイタドリを採っているようだ。
 ハメ(マムシ)に気を付けよ~と言ってくれていた。

≪ゴミ回収コーナー≫
 山道にはゴミ1つ落ちてなかった。
 地元や利用する方の清掃がかなり行き届いている。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン