YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

常念岳_12年振りに

タダさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:20代終わりから始めた登山、早20年になります。
    最近は家族・家庭の事情で専ら日帰り山行のみです。なので、残り2泊3日の山旅2回で完登の信州百名山も、もう何年も足踏みしています。
    たまには泊まり山行したい!
    皆さんが「うらめしや〜」😓
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2016/05/03(火) 21:42

 更新

常念岳_12年振りに

公開

活動情報

活動時期

2015/05/17(日) 04:41

2015/05/17(日) 14:27

アクセス:365人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,800m / 累積標高下り 1,855m
活動時間9:46
活動距離13.98km
高低差1,644m

写真

動画

道具リスト

文章

12年振りに常念岳へ。
2、3年前行こうとした時は、駐車場のあまりの混雑で撤退。時期的に空いていて、予報もOK、今年は雪解け早く、同行のS川君が未登頂ということで決定。

登山口手前の第一駐車場、朝4時過ぎで、10台ほど。暫くして明るくなってきたため、予定より早めにスタート。
以前は砂利道だった駐車場から登山口までの林道もきれいな舗装路になっていました。
沢沿いの登山道は、エボシ沢出合までは残雪なし。沢渡り徐々に残雪現れ、夏道or冬道交互に繰り返しながら雪渓の直登路に。常念乗越に近づくにつれ傾斜増します。雪が締まったり緩んだりしていると厄介な所ですが、本日は歩き易い硬さと先行者のステップのおかげで問題なし。
乗越に出ると常念小屋の赤い屋根と槍ヶ岳の展望が懐かしい。
小屋含めその先の山頂まで雪なし。大岩や石が転がる道をつづら折れしながら岩の積み上がった山頂へ。眼の前に槍・穂高連峰がドカーンと。この景色はいつ来ても感動です。
ひとしきり展望満喫して小屋まで降りた所で、丁度乗越まで上がってきたT塚さん一行とバッタリ。地元の里山以外で知り合いに会うのは、八ヶ岳阿弥陀岳山頂以来3度目。

暫し歓談後、一足先に帰路に。雪渓下りは思いの外雪質良く、駆けるように下山。
気温上がり雪解け水で沢の水量も豊富で、新緑の登山道を気持ち良く下ります。

常念は5度目になりますが、今年は春の雪解け早かったおかげで、新緑の沢、雪渓、岩場歩きと変化があって、1度に幾つも楽しめた山行になりました。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン