YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

妻を連れて白髪山へ

よっしーさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

三嶺

2015/05/17(日) 19:44

 更新

妻を連れて白髪山へ

公開

活動情報

活動時期

2015/05/17(日) 11:19

2015/05/17(日) 13:51

アクセス:453人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 468m / 累積標高下り 465m
活動時間2:32
活動距離2.06km
高低差340m

写真

動画

道具リスト

文章

今日は久しぶりに妻を連れて登山、いや、ハイキングに出掛けてきました。

私としてはガッツリと山に登りたかったのですが、妻を連れて無茶をする訳にはいかないので、妻に登りたい山のリクエストを聞いてみると、「①しんどくなくて、②日焼けの心配がなくて、③虫がいなくて、④きれいなトイレがあって、⑤壮大な景色が見える所」という、耳を疑うような乙女チックな発言が・・・・。
どうやら彼女が目指している山は、おとぎの国にあるビックサンダーマウンテンと呼ばれている所らしいのですが、マゾ夫としてはその意見を却下し奥深い山に連れて行ってあげることに。
一応、「短時間で登れて、トイレがあって、壮大な景色が見えるところ」という部分を聞き入れて、白髪山を目指す事にしました。
でも、この白髪山、短時間で登れるのですが、道中の木段がなかなか手強く、グルコサミンが必要となってきたアラフォー夫婦の膝を容赦なく攻撃してきます。また、今日はマゾのスパイスとして、ザックにテント泊装備やら2リットルペットボトルやら余計な物をを忍ばせていたため、妻より早くに私がバテてしまうことに…。妻に心配をされ、そして休憩中には帽子で扇いでもらうという、ダメ夫っぷりを山でも披露してしまいました。

そんなこんなで苦労をしながらも、何とか山頂辿り着き「北のテラス」でコーヒータイム。
壮大な景色と言えるのか分かりませんが、三嶺〜天狗塚の稜線目の前に、二人でぼんやりと眺めながらたわいもない話をしてきました。特に何があった訳でもないのですが、こうした時間を共有できた事、それが今日の何よりの収穫だったと思います。
ご夫婦でこうしたお手軽ハイキングをとお考えの方は、是非白髪山の「北のテラス」にお出掛け下さい^^


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン