YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

右田ヶ岳→西目山。塚原登山口→(直登コース)→右田ヶ岳山頂→勝原コース(本ルート)→西目山

Mさん

  • マイスター  ゴールド
  • 自己紹介:大阪府へ転勤。浪速区⇒箕面市へ引っ越ししてます!
    これから、新たな登山スポットに挑戦していこうと思います。

    移動手段は、電車、バスがメインです。
    引っ越し先に駐車場があるので車での移動も出来るようになりました!

    アウトドアに目覚めたのが2012年の年末あたりからです。
    ソロキャンプをやっているうちに、いろいろ道具が揃ってきたので試しに初心者向けの登山をして以来面白くなってきましたw
    今までは山口県、福岡県。冬はボードで広島へ行くこともありました。

    あっ!独身!平日休み!登山活動は基本的に一人です・・・(泣)
  • ユーザーID:58092
    性別:男性
    生まれ年:1980
    活動エリア:大阪, 兵庫, 滋賀
    出身地:
    経験年数:5年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他

右田ヶ岳・西目山・三谷山

2015/05/19(火) 00:18

 更新
山口

右田ヶ岳→西目山。塚原登山口→(直登コース)→右田ヶ岳山頂→勝原コース(本ルート)→西目山

活動情報

活動時期

2015/05/18(月) 09:03

2015/05/18(月) 12:20

ブックマークに追加

アクセス

592人

文章

天候、曇りから雨!
(午前中は弱雨、12時から強雨の予報でした。)

今までは基本的にソロ活動でしたが、今回はケイさんと初顔合わせし合流!

まだ届いてないのですが、雨具GETしましたw
この日は、雨具のズボンに、スノボー用で使ったハードシェルジャケットをザックに入れ雨対策をしておりました。

今まで右田ヶ岳は、天徳寺コースから登り、塚原コース、塔の岡コースを使って降りたのみ。
初の塚原スタートとなる。(塚原コース付近に駐車場があることも初めて知ったw)

塚原コースは途中、直登コースに分岐し、ここからのルートは全く登ったことがなかったので雨を心配しながら進む。

初の直登コースですが、岩場にロープを降ろされている個所が多く、足場に注意しながら、時に足のやり場に困りつつも登っていく。

幸い、本日の同行人のケイさんがクライミングに慣れている方だったので、足のかけ方を時にアドバイスもらいながらうまく進めましたw
ってか、ケイさんの身軽さハンパねえっす!!w(スイ~スイ~!ってな感じよw)
後、私より体力もあり同行人としては最高であった。

右田ヶ岳の山頂を象徴する国旗だが、直登コースから眺めると岩の上に見えてくる。

山頂では国旗の先に防府の展望を楽しんでいる方が多いのだが、国旗の裏の崖からよじ登って顔を出すと直登コースを知らない方はビックリするであろうw(お前、どっからできてんの!??)みたいな感じでw

しかしながら、山頂に着いたときは誰もおらず、ケイさんと小休憩し下山開始。


下山は勝坂ルートを通り、こちらも初めてのコースで一番楽しみにしていたのよw

楽しみにしていた絶景の岩場の尾根を少し楽しみ、本ルートを通り下山。
本ルートはまたまた岩場に鎖、縄、を伝って降りて行きました。


下山後、一度262号線を挟み、西目山登山口へ向かう。

こちらの山は人気がないらしく、登山ルートを進んでは蜘蛛の巣に出くわす。
登山道自体は登りやすい。

山頂に近づくにつれ、右田ヶ岳を眺めると絶景w
山頂過ぎ、尾根ルートも左手に絶景を楽しみながら進めるので意外な穴場の山と思った。
(右田ヶ岳が有名すぎて影が薄い。)

ポツポツ降っていた雨だが、下山中少しずつ強くなり、下山したころには強雨となっていたが良い経験となりました。

久々にモンベルのフレネイパーカーが役に立ち、首回りだけ蒸したが他は快適でしたw
雨具のズボンは面倒くさくて履かなかったことを少し後悔w
ズボンはびしょ濡れになりましたw

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間17分
  • 活動距離活動距離16.49km
  • 高低差高低差483m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り4,839m / 4,822m
  • スタート09:03
  • 48分
  • 右田ヶ岳09:51 - 10:09 (18分)
  • 1時間11分
  • 西目山11:20 - 11:31 (11分)
  • 49分
  • ゴール12:20
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン