YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

南からくじゅうへ

kaikunGさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:近場の山を中心に、のんびりと楽しんでいます。
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/05/21(木) 20:30

 更新

南からくじゅうへ

公開

活動情報

活動時期

2015/05/20(水) 06:07

2015/05/20(水) 13:47

アクセス:350人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,283m / 累積標高下り 1,290m
活動時間7:40
活動距離11.66km
高低差945m
カロリー4289kcal

写真

動画

道具リスト

文章

梅雨入り前の好天を逃すまいと、南登山口から稲星山、中岳、久住山へ
振り返れば阿蘇や祖母が背中を押してくれるので自分としては好きなルートなのですが、この南登山道は全く登山者が少ないです。
駐車場が少なく、トイレがないのがマイナスでしょうか。
平日ということもあり、稲星山頂を経て中岳山頂で埼玉から来られた男性と言葉を交わすまで、人間を含む動物には一切遭遇しませんでした。

七曲がりの樹林帯を過ぎるとミヤマキリシマがちらほらで、標高の低いところでは開花が進んでいました。まもなくが楽しみです。

中岳から天狗ケ城を経て、久住山へ。
久住山頂でちょっと早い昼食をとり、赤川登山道で下ります。
少々きつい下りですが、岩場よりも黒土ずるずるの方が厄介でした。しりもちと手袋を真っ黒にしながら、素直に南登山道で下っとけば良かったと、少々後悔です。
赤川登山道では途中3組の登山者に出会いました。赤川登山口にはトイレや駐車場が完備されているので嫁と一緒の時はこちらを選びますが、やはり牧場から振り返る阿蘇、祖母の景色は、トイレの有無には替えがたいものがあります。

下り終えるころには阿蘇や祖母はかすみの中に隠れてしまいましたが、さわやかな山行きでした。
登る途中に、ダカーポの「緑のそよか~ぜ いい日だね~」(でした・・・よね?)というフレーズを感じてしまい、下るまでずっと頭から離れない一日でした。





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン