YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

達目洞のヒメコウホネ

美濃のまむしさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:岐阜公園近郊に住まいを構えて約10年。
    子供から手が離れてきたここ数年は、年に数回の夏山アルプス山行と、通年ほぼ毎週末に金華山や近隣の山を徘徊しております。
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

金華山(岐阜)・鷹巣山・洞山

2015/05/24(日) 00:43

 更新

達目洞のヒメコウホネ

公開

活動情報

活動時期

2015/05/23(土) 15:50

2015/05/23(土) 18:00

アクセス:280人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 573m / 累積標高下り 567m
活動時間2:10
活動距離6.55km
高低差306m
カロリー863kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今週も夕方からの金華山。
絶滅危惧種のヒメコウホネの開花を確認に達目洞まで歩きました。
行きは、馬の背→岐阜城→鼻高→達目洞へ下山。
YAMAPの地図では鼻高からの下山ルート分岐が不正確ですよね(ーー;)
今回は、名前の付いた正規ルートでは無く、一番西山寄りの分岐から、無名ルートで達目洞へ降りてます。
達目洞では、バイパスの高架下にある湿地帯にヒメコウホネが自生しており、大切に保護されてます。今日は、小川の狭い範囲に10輪ほど咲いてました。
帰路は、裏達目と勝手に呼んでいるルートで、妙見宮参道途中から東坂ルートの妙見峠下まで戻り、唐釜→七曲り経由で、岐阜公園まで戻りました。

日没前に戻りたかったので、平坦なルートは少し駆け足有りのコースタイムです。

夕暮れは動物に出会う確率が上がります。
今日は、山頂から鼻高に分岐した直後のルート下斜面に猪に2匹が落ち葉を掘り返してエサを探してましたが、此方に気が付いたらサッと離れていきました、裏達目ではリスにも会えました。
毛虫はかなり減りましたが、肩に尺取君がいる事に気付かず帰宅してしまいました(^_^;)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン