YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

【地図読み山行】 比良山系釈迦岳

Sakanahさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2014年5月から登山を始め、2ヶ月ほど膝治療でお休みし、やっと本格的に登り始めた初心者です。
    主に山の会の例会や山友さんとの登山を日帰りで楽しんでいます。
    すこしづつステップアップして色々な山に行ってみたいと思っています。
    よろしくお願いします!
  • 活動エリア:兵庫, 滋賀, 大阪
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1967
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

比良山系・武奈ヶ岳・釈迦岳

2015/05/26(火) 12:19

 更新

【地図読み山行】 比良山系釈迦岳

公開

活動情報

活動時期

2015/05/24(日) 09:03

2015/05/24(日) 16:07

アクセス:147人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,738m / 累積標高下り 2,767m
活動時間7:04
活動距離11.68km
高低差818m
カロリー3412kcal

写真

動画

道具リスト

文章

友人が企画してくれた地図読み山行にいってきました。

今まで地図を見るタイミングが間違ってた。
分岐で分からなくなったら、とか
この道で合っているのか心配になったら、とかとにかく不安になったら確認していたけれど、そうじゃなかった!

まずスタート地点を地図上で確認。
コンパスと地図で「整置」して、今から行く方向の第1目標(目印などがある分かりやすい場所)を決めてコンパスで合わせてます。
目標地点まではどんな道か。
今日は川沿いの緩やかな道で第1目標は橋。
を確認してから出発!
第1目標に到着したら、また「整置」から次の目標を決めてコンパスを合わせる。
つまり、行き先を確認するためにコンパスを使うのが正解◎
等高線と道の向きでどれくらいの傾斜の道か確認したり、高度計の標高と道の向きや廻りの景色から今どの辺りにいるかが分かったり…
これやってるとすごく時間がかかるけど、自分がいる場所を常に把握出来て安心。
初心者向けに班長に教えてもらえて、改めて地図読みの楽しさが分かった気がしました。
これからは練習練習!

比良山系は初めてでしたが、このコースなら初心者でも行けそうです。
だたし、冬の間は厳しい雪の世界だったことを感じさせる荒れた路や崩れたところなどもあり、油断は出来ないと思いました。
時間の関係で釈迦岳の山頂には行かないコースだったので、また山頂にも行ってみたいです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン