YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

常念岳:穂高連峰&ライチョウ夫妻♪

あおさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:夫婦で登山にはまっています。山の上は、なんとも清々しいですね♪
    清々しさが楽しめるのは、額に汗して登ったおかげですね?
    長く、安全に、健康に登山を楽しみたいです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1954
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/06/11(木) 12:52

 更新

常念岳:穂高連峰&ライチョウ夫妻♪

公開

活動情報

活動時期

2015/05/30(土) 06:07

2015/05/31(日) 09:53

アクセス:703人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,309m / 累積標高下り 4,296m
活動時間27:46
活動距離18.22km
高低差1,576m

写真

動画

道具リスト

文章

残雪の穂高を眺めたくて常念岳に行きました。

いつものように安曇野市の「ほりがねの里」で車中泊。
ここを5時前に出て、6時に一の沢登山口へ、一の沢ではドトッとサルが移動していました。

一の沢にはタクシーの待合所あり。中房温泉まで10200円とのことです。
昨年、燕岳から北穂まで縦走した時は、中房まで送ってもらって車を沢渡まで回送してもらって20000円だったような…下山時に会った人は中房から常念まで縦走してタクシーで車を留めた中房まで行ったようです。

土曜の朝の天気は上々♪
 今回の目的は残雪の穂高と、モルゲンロードと、星空の撮影でしたが、土曜の夕方から日曜の早朝まで強風・雨。テン泊の方の中にはテントが開いた方もいたと聞きました。

登りは、晴天の下、雪融け水で沢になった夏道と、融けきっていない雪道を歩き頂上まで。アイゼンは使う必要はなかったです。
雪渓を横断するときは迷いやすいので要注意。前日に山小屋に訊ねたところ、雪渓にはいろんな方向に足跡があるが、山守が整備した夏道を通るようにとのことでした。

常念小屋で話した神奈川の方は、雪渓をかなり上がったところで引き返し。登り返したそうです。

常念小屋で部屋に案内してもらいザックをデポして、昼食後に常念岳へ。
な、なんと、宿泊者が少ないため、個室にしてもらってありました。
E山荘(はっちゃん指摘によりT⇒Eに修正)なら5人の相部屋にされてたな・・・

部屋の窓から、槍の穂先の人を写真で撮りました。顔や特徴まではわかりませんが、人であることははっきりわかりました。他のワイド写真の槍ヶ岳の頂上の姿と比較すると、望遠性能はやっぱりすごいことに納得します。帰宅時にザックを下そうとしたら、カメラをアスファルト道路に落下。1か月の短命に終わるかと思いきや、無事セーフ、案外耐久性あるのかも!(^^)!

常念岳の山頂で撮影後、部屋に戻り昼寝をして15時に起きたら、天気が崩れはじめ、その後は雨。天気予報では6時ごろから晴れとの情報もあったため、深夜3時頃から天気の様子を窺っていましたが、雨が窓をたたきつけ、風はビュービュー。楽観的に、こんなに強い風雨なら、案外、早く雨雲が去ってくれると思っていましたが、結局朝まで雨が降っていました。

下山開始から登山口着まで、ず~~~っとガスって見通し悪し、その上前日からの雨で雪渓の様子が少し変わって、注意していないと下山ルートを見失いそうでした。

常念小屋にデポしてから軽装で常念岳の頂上に向かう途中で、雷鳥の夫婦を発見♪
また、常念小屋での朝食の際に、雨の切れ目の、一瞬、ニジが見られ、ラッキーでした。

常念岳の山頂では、持参した200grの軽量、980円三脚を使用して、涸沢の写真を望遠で撮ろうとしましたが、ちょっとの風でぶれてダメでした。星空の写真、モルゲンロードの写真も見送り。次回はどこで?

下山後は、穂高ビューホテルの温泉を楽しみにしていましたが、11時からとのこと(登山者の日帰り温泉にしては遅すぎません?)で引き返し、ほりでーゆ四季の郷(蝶が岳温泉)で汗を流しました。無色無臭の温泉でしたが、なかなか良い感じでした。

楽しかったぁ♪♪



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン