YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

久々の唐松岳_劔の展望

タダさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:20代終わりから始めた登山、早20年になります。
    最近は家族・家庭の事情で専ら日帰り山行のみです。なので、残り2泊3日の山旅2回で完登の信州百名山も、もう何年も足踏みしています。
    たまには泊まり山行したい!
    皆さんが「うらめしや〜」😓
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳

2016/05/03(火) 20:55

 更新

久々の唐松岳_劔の展望

公開

活動情報

活動時期

2015/05/30(土) 08:30

2015/05/30(土) 14:10

アクセス:333人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,044m / 累積標高下り 1,033m
活動時間5:40
活動距離9.56km
高低差862m

写真

動画

道具リスト

文章

八ヶ岳横岳へツクモグサ花見の予定でしたが、同行のT塚さんからのリクエストで、展望の山 唐松岳へ。
この山も混み合うところなのでなかなか足向かず、15年振りに訪れました。
雪融けは例年より半月から一ヶ月早い感じで、道中、アイゼンも不要でした。
予報から高曇りかと思って出かけたところ思いの外、朝から快晴。ワクワク感が増しながらゴンドラへ。
ゴンドラとリフト2本乗り継いで八方池山荘に。ここが既に標高1,800m超えていて、
八方池までのハイキングコースを歩くだけで白馬三山をはじめとした絶景が望めます。
八方池はまだ残雪で埋まっていました。

八方池から本格的な登山道になり、丸山ケルンへの登りには残雪の急登、その後の雪田歩きがありますが、
稜線上の痩せ尾根には雪はなく、特に危険な箇所もありません。
稜線に出たところで唐松岳頂上山荘に到着。そこから15分ほどで唐松岳山頂です。
眼の前に劔。その北の毛勝三山も立派な山容です(到着時、毛勝方面雲掛かってしまったのが残念)。
白馬三山方面は山頂部はガス湧き見えなくなりましたが、不帰嶮の急峻な稜線が北へ延びています。
南に眼をやると五竜岳がドッシリと構えています。
山頂でも登山者は数名で、ゆっくりと寛げて静かに展望を楽しめました。
山荘まで戻って休憩していると徐々に黒部峡谷側からガスってきて一面真っ白に。天候までもが夏山です。

下りは、気温も上がり、雪の上は涼しくて心地良いのですが、暑くて滝汗かきながら少々脱水気味に。
八方尾根の花々は、ユキワリソウ、ミヤマアズマギク、イワカガミがちらほら。花の開花は例年通りかも。

ここ2週間ほど忙しかったので疲れもピーク。上りから何度か足の裏、脛が攣りながらの山行になりました(冷汗)。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン