YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鱒淵より、初めてのYAMAPと福智山

胡しょうさん

  • 自己紹介:しばらく山はやめて、登山靴も加水分解していましたが、靴を買い直して始めました。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

福智山・尺岳・雲取山

2015/06/03(水) 18:23

 更新

鱒淵より、初めてのYAMAPと福智山

公開

活動情報

活動時期

2015/06/01(月) 09:58

2015/06/01(月) 15:19

アクセス:97人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,200m / 累積標高下り 1,184m
活動時間5:21
活動距離9.38km
高低差737m

写真

動画

道具リスト

文章

今回、以前から行ってみたかった七重の滝コースから福智山へのルートに挑戦しました。
以前、尺岳を目指したときに、目に飛び込んでくる虫で嫌になったので、防虫ネットをしっかり装備して登りました。
ダムサイトの道は分かっていたものの長く感じ、自転車があれば積んで来ればよかったと思いました。

最初は、渓流の音が涼しく感じたものの、本格的な鎖場もあり沢に沿って登るのは険しいと感じるルートでした。トレッキングポールを持っていましたが、七重の滝コースの中盤までは手を使うところもあり、ザックに挿して進みました。
次々に現れる滝は想像以上に規模が大きく迫力があり、涼しさと見ごたえがありました。7つ目の滝を過ぎると、その上は穏やかな流れになりましたが、ルートの白マーカーが無くなって、徒渉する部分のあたりでルートが不明確になっており、若干ロスしました。
登り始めからスマホは圏外いなっていましたが、YAMAPは圏外でも現在位置を確認することができ、心強く感じました。

途中、橋が無くなっており、ネットにまとめた石を踏んで渡る箇所が何か所かありました。増水時は注意が必要です。

植樹林帯の先にある、ガレ場の急登でもルートが不明確で不安を感じましたが無事稜線に出て尺岳からのメインルートに出ました。
その先でホッテ谷新道へ下りる分岐がありましたが次の機会に使ってみたいと思います。

たぬき水を超えて少し登ると、きれいに掃除された避難小屋とバイオトイレがありました。ニオイも全くなく、女性も安心して使えていました。維持には相当な手間がかかっているものと思います。本当に感謝です。

山頂を目前にしたひと登りは意外に急で結構疲れました。

初めての山頂の景色は、曇りでいまいちでしたので、また別のルートで登ってみたいと思います。
身近にこんな高低差がある深い山があるとは、再発見した山行となりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン