YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨ニモマケズ・・・愛宕山(5回目)

マサヤンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:まいどです!!
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

愛宕山(京都府)・三頭山・朝日峯

2015/06/03(水) 15:48

 更新

雨ニモマケズ・・・愛宕山(5回目)

公開

活動情報

活動時期

2015/06/03(水) 07:01

2015/06/03(水) 11:18

アクセス:266人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,071m / 累積標高下り 2,064m
活動時間4:17
活動距離10.07km
高低差908m
カロリー2757kcal

写真

動画

道具リスト

文章

山に登るとき、突然の雨をある程度想定して行く機会があるとは思いますが、実際に雨に降られる事って今まで運が良かったのかあまり経験がありませんでした。以前にも雨を狙ってわざと行ったにもかかわらず、天気が回復してしまい結局普通に巡って終了・・・贅沢な事だとは思いますが、要は色んなシチュエーションを経験しておきたいと言う事です。


本来、違う所へ行く予定でしたが雨天で中止にした為、それなら慣れた山が良いと思って選んだ山が「愛宕山」。ここなら、何かあっても対応出来る幅は他の山よりはあると思って(モチロン、軽んじている訳では決してありません!!)、朝から行って来ました。道中ワイパーは「Hi」の状態で、一瞬「やめた方が・・・」とは思いましたが到着頃には小降りになったので、ゲイター、レインウエアを着こんで出発。月輪寺の登山口までは、快適に歩いておりましたがいつもより意識してスローペースで歩いていたにも関わらず、登山道に入ったとたんに汗がにじみ出て来る・・・予想はしていたけど、汗の量は想像を軽く上回っておりました・・・


それでも最近のウェアは優秀で、そこまで不快になる事も無く約1時間程そのままで登って行く。結果、途中(月輪寺手前)でTシャツ1枚になりましたが、気温が高いので雨に濡られながらも寒さは感じない。このまま山頂の愛宕神社まで一気に登る。それでも、流石にボトボトになった状態では時間が経つと寒気がして来たので、本殿横の休憩所で着替え。これが無かったら風邪をひいていたかも知れません・・・


休憩中に脱いだレインウェアを乾かし、ある程度乾いた所で着て下山ルートに。表参道は最近では専ら下山専用。雨の為石が滑って注意が必要ですが、お昼前には無事下山。早々に帰宅しました。今回の山行では、ほぼ、全ての時間帯で雨を経験して感じたのは、同じルートでも雨の場合だと余計な体力を消耗すると言う事。これって想像できても実際に経験をしないと、なかなか実感出来ません。近場の行き慣れている山でもナメてかかると、エライ目に遭うと思います。ただ、一度くらいはわざと経験すると言うのも今後の山行には、絶対にプラスになると思います。

AM  7:01 清滝Pスタート
    7:33 月輪寺登山口
    8:15 月輪寺
    9:00 愛宕神社本殿
    9:28 本殿出発
    9:50 水尾分かれ
   10:26 大杉大神
   11:18 下山





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン