YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

青木鉱泉~鳳凰小屋(テント泊)~地蔵岳~観音岳~薬師岳~青木鉱泉

skさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2015/06/08(月) 23:33

 更新

青木鉱泉~鳳凰小屋(テント泊)~地蔵岳~観音岳~薬師岳~青木鉱泉

公開

活動情報

活動時期

2015/06/06(土) 09:10

2015/06/07(日) 15:41

アクセス:209人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,217m / 累積標高下り 3,947m
活動時間30:31
活動距離31.19km
高低差2,438m

写真

動画

道具リスト

文章

友人が所属する山岳部の鳳凰三山の山行(合計8名)に同行しました。
一泊二日(テント泊 男性4名、女性4名)の山行。久しぶりのグループ山行で、独り言ではなく、会話を楽しみながらの楽しい山行となりました。
■要注意ポイント
2か所あります。
1)韮崎IC~青木鉱泉間のアクセス
青木鉱泉までは、HP案内の韮崎ICから原山神社を右折するルートで行こうとしたのですが、土砂崩れの影響で通行止めの看板があり通行止めとなっていました。青木鉱泉に電話連絡をし、う回路を教えていただきました。
う回路は、原山神社を右折せず直進→甘利山入口右折→道なりに直進→標高1,075M辺りで右折→鳥居峠を目指して進みます。
詳細は、下山後の青木鉱泉~白山温泉(下山後、立寄った温泉)までのGPS経路を参照してください。
2)南精進ヶ滝~白糸滝間の崩落個所
投稿写真を参照してください。

■ルート状況
一日目は、朝から曇りで、途中は雲の中に入り、マイナスイオン一杯の幻想的な景色を楽しみながらの山行となりました。
二日目は、打って変わっての快晴で、雲海に浮かぶ白峰三山の雄大な景色を堪能しながらの稜線歩きとなりました。
が、下山は、雲の中を歩くことになりました。

[一日目:曇り]
予定していたアクセスルートが通行止めの為、う回路を使ったため、青木鉱泉到着が、予定より30程度遅れてしまいました。
標高が上がるにつれて、暑い雲の中に入り、視界がわるくなり白糸滝では、背景が真っ白な記念撮影となりました。
ルートは、はっきりしていて道標もありますが、注意ポイントが3か所ありました。
1)南精進ヶ滝の分岐直後、道なりに左方向に行くと道がなくなります。実際は、右方向に進みます。踏み跡を見失わないよう注意が必要。
2)南精進ヶ滝過ぎたところの、崩落個所1か所
3)五色滝過ぎて、平坦になった沢沿いの道で、踏み跡が途切れて踏み跡がはっきりしない箇所がありました。踏み跡を見失わないよう注意が必要です。
テント場は、平坦でテントを張りやすい場所でした。水場は、小屋前にあり水量は豊富にありました。

[二日目:晴れのち曇り]
道標もあり、踏み跡もしっかりしていて、危険個所、迷いやすい個所はありませんでした。
なお、地蔵ヶ岳オベリスクの頂上は別です。頂上直下まで行ったものの、高度感の半端なさと、垂直に立ち上がる岩の迫力に身の危険を感じ、頂上は潔くあきらめ降りてきました。頂上まではほんの数メートルといったところですが、足がかり、手がかりがなく、登れても降りれないのではといった印象を受けました。
鳳凰小屋から地蔵岳までは、ひたすら登ります。林の中を抜けた後は、砂地となり、地蔵岳を前方に、左手に観音岳と観音岳への稜線を見ながら登ります。
地蔵岳では、甲斐駒の素晴らしい勇士が堪能できました。
地蔵岳~赤抜沢ノ頭は、賽の河原を通って登りになります。一部 はい松等で道が紛らわしいところがありますが、方向を確認して踏み跡をトレースしていけば迷うことはないと思います。
赤抜沢ノ頭~観音岳は、一旦下ってから、登りなおしになります。右手に白峰三山、左後方に地蔵岳、その奥に八ヶ岳、後方に甲斐駒を見ながらの稜線歩きになります。観音岳を見ながら一歩一歩進んでいきます。
観音岳頂上からは、360度の展望が楽しめ、頂上をあとにするのが「もったいない!」状況でした。
観音岳~薬師岳までは、高低差もない歩きやすい稜線上のルートになります。
薬師岳は、広々とした山頂で、きがねなくシートを広げ、ゆっくりと休憩が取れます。
薬師岳~薬師登山口までは、長~い下りが続きます。急斜面、木の根で滑りやすく、所々岩有で、気が抜けない道が続きます。
短くていいので、疲れがたまらないうちに、こまめに休憩をいれて下るのがいいと思います。
薬師登山口は、朽ちかけた小屋があり、駐車スペースもあります。
薬師登山口~青木鉱泉までは、林道(舗装無)を淡々と下っていきます。
今回は、増水のため川を渡る近道のルートが摂れなかった為、????橋まで下ってから、青木鉱泉までちょっとだけ登り
を歩くことになりました。

帰りは、来た時と同じう回路をとり、「武田乃郷 白山温泉」で風呂に入り帰宅しました。
青木鉱泉には申し訳ないですが、風呂に入るなら「武田乃郷 白山温泉」をお勧めします。

■コースタイム
【一日目】[青木鉱泉]09:25 - 11:15[南精進ヶ滝]11:20 - 13:20[白糸滝]13:25 - 14:00[五色滝]14:05 - 15:05[鳳凰小屋]
【二日目】[鳳凰小屋]05:10 - 06:10[地蔵岳]06:50 - 07:10[赤抜沢ノ頭]007:15 - 08:35[観音岳]09:00 - 09:25[薬師岳]10:00 - 13:10[薬師登山口]13:20 - 14:00[青木鉱泉]

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン