YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

弘法大師と桜の道ウォーキング

ちゅうさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:丹沢がホームタウン。YAMAPに出会い還暦までハーフ百名山登頂(50座/100)を目標に登山再開したアラカンです。体力維持で里山ウォーキング日記等もアップしています。よろしかったらご覧になって下さい。
    高山植物勉強中♪( ´▽`)
    自然と写真と土木構造物が好きだ(*^^*)
  • 活動エリア:神奈川, 東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

弘法山

2016/05/22(日) 10:06

 更新

弘法大師と桜の道ウォーキング

公開

活動情報

活動時期

2015/06/07(日) 09:46

2015/06/07(日) 13:16

アクセス:204人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,300m / 累積標高下り 1,222m
活動時間3:30
活動距離9.31km
高低差239m

写真

動画

道具リスト

文章

関東ふれあいの道-神奈川「9.弘法大師と桜の道」
桜で有名な弘法山であるが、この時期はアジサイに期待して小田急線の鶴巻温泉駅から歩いた。老舗旅館「陣屋」の横を通り,住宅街を抜け旧矢倉沢街道へ。奈良時代に整備された歴史ある旧道のようで、箱根超えの東海道が整備された後も裏街道として利用されてきたそうだ。現在は国道246号が整備され、ひっそり里山の農道として使われていた。
関東ふれあいの道は旧善波トンネル手前で旧道から外れ、大きく国道246号を迂回する設定となっている。明らかに遠回りなのに何故?しかも道標に「この先行き止まり」とまで書かれている。道は明確に続いており「行き止まり」の気配は無かったので、そのまま直進すると・・・がーん、ラブホテル街に到着(汗)。迂回の意味がやっとわかった。足早に旧トンネルを抜け、藪漕ぎしてハイキングルートに戻った。
弘法山山頂には弘法大師が祀られ、釣鐘、石碑、聖水など歴史感たっぷりな静かな山頂だった。その先の権現山には展望台が整備され、三浦半島から富士山&箱根連山が一望に見渡せる三角点の山だ。山頂は広く草原が広がり、お昼寝マニアにはもってこいだ。今回、山頂から箱根大涌谷の水蒸気が見えたのには驚いた。早く落ち着くことを祈ろう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン