YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

1年ぶりの小秀山

みとなさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:三十路に入ってとうとう健診に引っ掛かり、仕方なく運動を始める。
    といっても運動音痴かつ病弱なので散歩しかできない。
    あ、近くに山がある…行ってみよう!

    …ハマった(;´д`)
    …でも高所恐怖症は治らない(;´д`)
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

小秀山

2015/06/13(土) 21:04

 更新

1年ぶりの小秀山

公開

活動情報

活動時期

2015/06/13(土) 05:56

2015/06/13(土) 12:50

アクセス:181人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,399m / 累積標高下り 1,403m
活動時間6:54
活動距離11.52km
高低差1,105m
カロリー3014kcal

写真

動画

道具リスト

文章

初めて小秀山を訪れたのは昨年の6/15、偶然にも約1年ぶりの登頂でした。
キツかった、でも山頂避難小屋がすごく綺麗で、また訪れたい山という印象でした。
今回も二の谷から登り、三の谷から下ります。

歩いて改めて感じるのは、乙女渓谷の沢と滝の美しさ、そしてよくぞ造ったという木道。
これは登山をされない方にも見て欲しい。
3枚目の写真の滝までは誰でもいけます。

そして夫婦滝からの急登、しかもガレていて登りにくい。
一気に高度を稼ぎますが、これは恵那山よりもキツいです。
手を緩めることなく延々と続きます。
カモシカ渡りは登山道の半分を過ぎたあたりで現れます。
最初の登りはそれほどでもありませんが、2つめが急です。
根っこを手掛かりに登ります。
これをクリアすれば三の谷ルートと合流し、兜岩の横を巻いて、やがて穏やかな道になります。

高原と呼ばれる開けた箇所が3箇所あり(地図では2箇所)、細かくアップダウンを刻むと、正面に山頂避難小屋が見えます。
ここは恵那山と同じく湿地帯であり、雨の後は非常にぬかるみます。
ブヨが多くて参ります。
ここを我慢して進むと小屋、すぐ近くに山頂があります。
御岳が正面に大きく見えます。
昨年の御岳と比べてみて下さい。

山頂避難小屋(秀峰舎)は実に綺麗な小屋で、地元の方々のこの山への愛情を感じます。
今回もここで昼食をいただき、御岳や空を眺めながらボーッと過ごしました。
小秀山の魅力の一つは、間違いなくこの小屋でしょう。
バイオトイレも設置されていて、銀マットや毛布、鍋敷の板や殺虫スプレーまで置かれています。
一度、ここに一泊してみたいものです。
使用後は必ず掃き掃除をして出ましょう。

三の谷ルートは、対照的に九十九折のなだらかな道です。
ブヨを避けるため極力急いで下りました。
下山のスピードを上げる良い訓練になりました。
山の神に登山の無事を感謝し、林道を歩いて駐車場に戻り、今日の登山は終了です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン