YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

成田市

成田市

成田市(なりたし)は、関東地方の東部、千葉県の北部中央の下総台地に位置する市。成田国際空港や成田山新勝寺などで知られており、業務核都市に指定されている。

【概要】
成田山新勝寺、宗吾霊堂の二大霊場を有する門前町として栄えた。明治期には宮内庁下総御料牧場が置かれるなど、1950年代まで観光と農業の振興を二大施策とした田園都市であった。1960年代に入ると市の南東部に「新東京国際空港」(現・成田国際空港)の建設が決定され、1978年の空港開港と高度経済成長とともに、市域の経済・産業構造に多大な変化がもたらされる事になる。
かつては純農村であったが、現在では農業人口は減少し都市近郊農業型へと転換している。その反面、空港関連のサービス業など第三次産業が生まれ、新たな雇用が創出された。また観光面ではかつて程の活況は無くなりつつあるが、成田山新勝寺では現在も正月三が日だけで270万人以上、年間約1000万人もの参拝客で賑わう、全国屈指の霊場の町である。
成田空港の騒音であるが、空港用地の一部がかかる芝山町などの被害は見過ごされがちであるのに対し、成田市街地からは離れた丘陵部に位置しているため、騒音被害をほとんど受けない地域も多い。空港用地の大部分は成田市に属するため、関連の税収は成田市に入ることが多く、財政の豊かさは全国有数である。しかし、騒音被害を受けるのは空港周辺と航路直下であるため、利益を独り占めしているという批判もある。なお2008年に開港30周年を迎えたが、現在も空港の完全開港はなされていない。現在、地域と共生する空港づくり掲げ、航空需要の増大に従う騒音問題などに向き合っている。
1986年には一極集中の回避を目的とする業務核都市に指定され、千葉県からは千葉新産業三角構想の中核都市として位置付けられている。国の構造改革特別区域法に基づき2003年4月21日に国際空港特区、同年5月23日には国際教育推進特区に認定された。2006年(平成18年)3月27日、香取郡下総町、大栄町を編入した。

成田市

みんなの活動日記

全23件/1〜23件