YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

相馬市

相馬市

相馬市(そうまし)は、福島県浜通りの北部、太平洋沿岸に所在する市である。

【概要】
福島県の浜通り北部に位置する都市である。戦国時代後期から江戸時代にかけて相馬氏の本拠地であり、特に江戸時代には中村藩6万石の城下町として栄えた。相馬市制施行以前は宇多郡に属してた。近隣の相馬郡や南相馬市を含めた相馬エリアの中で相馬市は行政機関の出張所が集約された土地であり、福島県中通りへのアクセスに最も長けた要所としての特徴を有する。
県庁所在地の福島市(55km)へは国道115号で、北の仙台市(55km)と南のいわき市(95km)へは、南北に貫く常磐線・国道6号・常磐自動車道で移動する事が可能である。相馬市を含む浜通り北半分(相馬・浪江エリア)の地理的特徴として、阿武隈高地を越えて福島市、夜ノ森を越えていわき市、駒ヶ嶺を越えて宮城県境と、各主要都市へ向かうには難所を通る必要がある。
相馬野馬追が有名であり、当地の藩主であった相馬氏との縁は深く、近代まで相馬野馬追の出陣式に相馬氏の当主を招いていた事からも伺える。また相馬氏が馬の紋章を用いた事に因んで、市街地には馬の銅像が点在する。
また二宮尊徳が飢餓・飢饉に陥った各地の村々に仕法(村興しの有効策)を行った土地でもある。中村城跡にある相馬神社は、妙見菩薩と平将門を奉る神社として今尚参拝者が多い。相馬盆唄など多くの民謡の発祥地でもある。

相馬市

  • 収録範囲/相馬市全域
  • 地図/OpenStreetMap
  • 地図の容量/約6MB
  • 公開日/2015.12.17
  • 更新日/2016.01.22
  • 地図のバージョン/1.1
  • カテゴリ/ 東北エリア 全国エリア

みんなの活動日記

全2件/1〜2件