YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

トンガリロ国立公園

トンガリロ国立公園

  • ニュージーランド
  • 標高2,797m(ルアペフ山)
出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

トンガリロ国立公園(英語:Tongariro National Park)は、ニュージーランドの北島にある、山岳地帯を保護する目的で設定された国立公園である。1894年、ニュージーランド初の国立公園となった。ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されている。

【概要】
最高峰ルアペフ山(2,797 m)や、富士山に似た稜線を持つナウルホエ山(2,291 m)などの活火山や死火山が広がる795km2の広さを持つ。トンガリロ山(1,967 m)には、エメラルド色に輝く火山湖がある。
ルアペフ山、ナウルホエ山、トンガリロ山の三峰は、マオリ族古来の聖地であった。1887年、当時のマオリ族の首長であったホロヌク・テ・ヘウヘウ・トゥキノ(英語版)は、ニュージーランド政府に2,630ヘクタールの土地を寄付したことが、トンガリロ国立公園の成立の始まりである。その結果、1894年、トンガリロ国立公園法が可決され、ニュージーランド最古の国立公園が成立した。1907年には、国立公園の面積は、25,213ヘクタールに拡大された。国立公園の拡大は、1922年、1953年、1962年、1975年と継続され、現在に至っている。
また、この国立公園の山域はマオリ族の信仰対象でもあった。マオリ族の文化との結びつきが考慮され、文化と自然の複合遺産として世界遺産に登録された。

トンガリロ国立公園

  • 収録範囲/トンガリロ国立公園、ルアペフ山、ナウルホエ山、トンガリロ山
  • 地図/OpenStreetMap
  • 地図の容量/約10MB
  • 公開日/2016.01.22
  • 更新日/2016.01.22
  • 地図のバージョン/1.0
  • カテゴリ/ 海外地図 全国エリア

みんなの活動日記

全3件/1〜3件