YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大人の遠足 ~柳生街道~ 

きむきむさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:会社の仲間と月に1回関西エリアの低山を中心にゆる~い山行や、近所をソロ山行しています。
    平成21年に近くの交野山(341m)から登り始め、最初は悪戦苦闘していましたが、今では年に1回は北アルプスでテン泊する様になりました。
    アスレチックなコースより、ボーッと自然の中を歩く方が好きかな~ (⌒‐⌒) 体力はないけど、ロングトレイルやミニアルプスも好き。
    初めて行かれる方にもわかりやすい様に色々日記に書いていたら、いつのまにやら大作になること多し。読みづらくてすいません (ToT)
    こんな日記ですが、少しでも皆様の参考になればとってもうれしいです。
    (o^―^o)ニコ
  • 活動エリア:大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

奈良市 西部

2016/04/17(日) 20:10

 更新

大人の遠足 ~柳生街道~ 

公開

活動情報

活動時期

2016/04/16(土) 09:06

2016/04/16(土) 15:07

アクセス:471人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,365m / 累積標高下り 4,454m
活動時間6:01
活動距離26.22km
高低差471m
カロリー2905kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 この日は元々マロニーー会の定例会の予定でしたが、諸事情あって流会となったので、メンバーの皆さんは各々ソロ活動に勤しむ日となりました。なんたって天気はいいし、日曜は雨予報ですし・・・
 そんな訳で今回は前々から歩いてみたかった柳生街道を歩くことにしました (≧▽≦)
 笠置から柳生までは何度か歩いているので道はわかっていたのですが、奈良市内から歩いたことがなかったので調べていたところ、フォロワーのゆかはぐ。さんの日記を拝見しました。

 https://yamap.co.jp/activity/240707
 (ご本人様に許可はいただいております)

 過去の日記のコメで、このコースをお勧めいただいたこともあって、今回決行と相成りました。ちなみにゆかはぐ。さんの日記のコースとは訳あって逆回りです。その訳は後で・・・(笑)

 スタートは近鉄奈良駅です。ここに来たのは何年振りだろう・・・という位久々です。奈良公園を通って、興福寺(阿修羅像その他で有名ですね)方面に向かい、春日山原始林の入り口を目指します。早速鹿が沢山・・・観光慣れしていますが、やっぱカワ(・∀・)イイ!! 途中、荒池から見える興福寺の五重塔をしばし見入ったり、作家の志賀直哉(「暗夜行路」もここで執筆したとのこと)の旧居を見たりしてしてゆるりと参ります。
 春日山遊歩道の入口まで来ました。ここまではアスファルトの道でした。実は迷っていたのですが、結局遊歩道は通らず、更にアスファルトが続きますが東海自然歩道を通りました(どちらでも最後は合流します)。遊歩道の方が道は短調かな、と思って避けてしまいました。遊歩道はまたの機会に・・・(^▽^)/
 見所は東海自然歩道の方が多いかなぁ~ 「首切地蔵」ではトイレもあります。
 「首切地蔵」から15~20分程歩くと「峠のお茶屋」も見えてきます。いい雰囲気のところですが、今回はスルーです。ここを抜けると集落です。う~ん、田舎の風景。いい感じ!!気持ち良いので、歩きながらおにぎり食べてしまいました (*´σー`)エヘヘ
 この先10分ちょっと県道184号線を通りますが、ここはたまに車が通ります。ご注意を!
 円成寺方面にアップダウンのある道を進むと国道369号線に合流です。またアスファルト・・・足痛い。で、「円成寺」に到着。ここもチラ見スルーします (*´σー`)エヘヘ
 この先の「山口神社」までの道のりも昭和な田舎風景が広がります。「山口神社」もこの先の「南明寺」もチラ見スルーです。ずっとアスファルト・・・足は痛いですが、こんな里の景色は大好きです (*´▽`*)
 にしても、今日は暑い。のどが乾きます。ペースも上がりません  (T_T)
 この先「疱瘡地蔵」までの道のりはフラットな道が続きます。楽勝だと思っていた残り1㎞でまさかの急登(&急下り)です。これにはへこたれました  (T_T) 
 這う這うの体で「疱瘡地蔵」に到着し、チラ見スルーを敢行。このまま柳生の里に向かう予定でしたが、久々に「一刀石」が見たくなりました。この「一刀石」とは、その昔柳生宗厳が天狗と思って 切ったという伝説のある石らしく、見事に真ん中で切れています。ビームサーベル の切り口です (/・ω・)/
 柳生一族の菩提寺である「芳徳寺」をチラ見スルーした後は、お腹も空いてきたので「十兵衛食堂」にて休憩を兼ねて食事することにしました。昔ここでとろろめしを食べて美味しかったので寄ってみたのですが・・・食堂は夫婦でされていて、割とお客がいたこともあるのですが、非常にまったりな感じで、注文したものが出てくるまで20分以上待ちました。美味しかったのでいいんですけど、ここで正直プチンと緊張の糸(というかガツガツ歩く、という気持ちと言うか・・・)が切れてしまって、完全に遠足モードになってしまいました(暑かったし・・・)。
 食事が終わると「旧柳生藩家老屋敷」を入口からチラ見し、「十兵衛杉」(落雷のため枯れていますが大きな杉)を遠目から眺め、「阿対の石仏」という、子授けの石仏を過ぎ、暫く東海自然歩道沿いに歩くと「笠置寺」に到着です。ここは後醍醐天皇が挙兵後籠城したしたことでも有名ですね。ここは何度か中に入ったことがあるので、今回はチラ見スルーです。
 ここを下山すると笠置の町が見えてきます。15時頃にJR関西線の笠置駅に到着し、今回の山行は終了ですが、今回わざわざ笠置をゴール地にしたのは「わかさぎ温泉 笠置いこいの館」でお風呂に入って帰りたかったからです ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
 笠置駅で時刻表を見ると、電車はお昼は1時間に1本。次は15時28分ですが、さすがにこれはムリなので、もひとつ次の16時28分までまったりヽ(´ー`)ノしました。笠置はキャンプ等で何度も来ていますが、電車で来たのは初めてです。温泉は ぬめりのあるお湯でお肌もすべすべ。さっぱりして帰りました (⌒0⌒)/~~

 柳生街道は、アスファルトが多くてダラッとした坂が多いですが、トレイルのコンディションは良好でした。また、寄り道できる名所が多くてがっつり歩きには誘惑も多くて不向きでしょうが、歴史に想いを馳せながらグループでワイワイ歩く様な大人の遠足としては楽しめるのでは?と思います\(^o^)/

 最後に今回の道をお勧めいただいた、ゆかはぐ。さんに深く感謝します <(_ _)>

 ではまたどこかの山で・・・(@^^)/~~~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン